FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1カラットの奇跡 第七話 森の妖精(1)

 香ばしい香りで、和也は目を覚ました。しかし、彼の隣には優希は居なかった。彼女はキッチンで朝食を作っていた。
和也はパンツをはいてキッチンに向った。そして、驚いた。優希は、裸にピンクのエプロンだけを身に着けている。
「おい、何時もそんな格好なのか」
「あっ、起きたの。何時もではないよ。今日だけだね。だって、今日やっておかないと、次は何時出来るか分からないもん」
優希は瞳をキラキラとさせて楽しそうに、和也の方へ振り返った。和也は皮肉っぽく、
「何か、親父趣味だなあ」
「いいの。小説で読んだの。私の一つの憧れなの」
優希は少し怒っている。
和也は意地悪そうに、
「どんな小説だよ。そんなのエロ小説だろう」
「うるさい! エロではないよ。ミステリィーだね。あっ、そんなことを言っても、和也も嬉しいのでしょ。ほら、子供は正直だね」
優希は和也の下半身を指さして大きな目で笑っていた。
和也は顔を曇らせて、
「うっ、これはなあ、男はなあ、朝は皆元気なのだ」
「そんなに、むきにならなくても、いいでしょ。さあ、早く食べようよ」

 和也は気を取り直してテーブルの上を眺めた。そこには、トースト、スクランブルエッグ、サラダ、ヨーグルト、コーヒが並んでいた。
和也はトーストを齧ってコーヒを飲んだ。そして、スクランブルエッグに手を付けた。彼は少し塩辛かった。いや、完全に海水のような塩辛さを感じていた。しかし、彼は不味い表情を優希には見せられなかった。何故なら、彼女は彼のリアクションを期待の目で見つめて待っていたからだ。
和也は根性を振り絞って笑顔を維持した。
「うむ。これは、美味い」
「本当! それでは、私の分もあげるね。全部食べてね」
優希は頬を弾ませて嬉しそうに彼女の皿を和也の前に置いた。
 和也は目が点になった。しかし、大きく口を震わせてスクランブルエッグを腹の中へと全部納めた。そして、急いでコーヒを飲んで口の中を洗浄した。
和也は食後のヨーグルトを味わっている。それは格別に美味いと、彼は目を潤ませて感じていた。何故なら、それはコンビニで買っただけで、優希が手を加えていなかったからだ。

「ねぇ、今日は、仕事はどうするの」
「どうするも何も。今から行っても、夕方だ。休みに決まっている。佐世保のじいさんにでも、死んで貰うことにする」
和也は淡々と答えていた。
優希は驚いて、
「えっ、佐世保に親戚が居るの」
「居ないよ。方便だ。佐世保は、まだ使っていないだけだ。同じ、じいさんを二回死なせたら不味いから。良く考えないとなあ」
和也は笑いながら話していた。
優希も調子に乗って、
「あっは、それでは、私はね。横浜のおばあちゃんに死んで貰うの。私もお休みだね」
「おい、大丈夫なのか。大目玉くらったばっかりだろう」
「平気だね。お店では、あまり期待されていないから。それより、何処行くの」
「そうだな。ハウステンボスにするか」
「あっ、あそこはダメだね。お店を出しているから。大目玉じゃ済まないよ」
優希は目をつぶって大きく首を横に振っていた。
和也は困り果てた。
「そこ以外は、知らないぞ」
「そうだね。私が案内して上げるね」
「それより、明日から夏休みに入るのだ。一週間位、ここで世話になるよ」
和也は頭を下げていた。
「きゃっは、本当なの。この格好、毎日出来るね」
優希は胸を躍らせて立ち上がって飛び跳ねていた。
「いや、毎日しなくてもなあ」
「いいの。するの!」
 優希は力強く右手を上げていた。そして、和也に抱きついて彼の唇を吸った。彼女の胸は燃え上がっていた。
和也も力強く優希を抱きしめて彼女を支えていた。二人は、まるで朝の新婚家庭のワンシーンを楽しむようだった。

ネット小説ランキングに投票 恋愛ファンタジー小説サーチ オンライン小説検索・小説の匣へ
スポンサーサイト

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

Keyword : 小説 恋愛 ダイヤモンド

コメントの投稿

Secret

プロフィール

夢野広志(むのひろし)

Author:夢野広志(むのひろし)
小説の夢見へようこそ♪
オリジナルの恋愛小説を書いています。
不思議な宝石の物語を掲載中です。

目次
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。